2008年05月16日

キモ旨

穴子の写真を撮れとミッションあり。
顔(泣)「ぐぇ〜〜経費節減化かよ。カメラマン頼めよーーー」
はいはい撮りましょう。
カメラいつもブログで使っているバカチョンデジカメで。

顔(ぷんっ)この穴子、そんじょそこらにある
スーパーの穴子とわけが違う。
瀬戸内産の大穴子。
地元では『べえすけ穴子』、
近隣の県では『でんすけ穴子』と呼ばれている。
爬虫類の苦手な私は正直触れたくないし、見たくもない。

DSC01334.JPG

朝3時起きして、行ったことのない中央卸市場を散策するのも
大変なので、飲屋街にある高級生魚店に電話をする。
その日は市場が休みで、腹を開いた穴子しか無いというので
2匹“頭”のあるそのままの穴子を仕入れてもらうことにした。
次の日、車で横着けが無理そうなので自転車で行く。
魚屋のおっさん、
『大きいのが入ったよ。2匹で900円。』
確かに安い。が持ちたくねぇ〜〜。
昔見た映画“ブリキの太鼓”のうなぎを思い出す。

DSC01342.JPG
DSC01346.JPG

まず撮影するために、穴子を“ざる”に移すが2匹置くと窮屈。
顔(なに〜)うひょ〜〜、顔は恐いし、体はやけに太くて大きい
キモーーーーイ!!ダッシュ(走り出すさま)
指でつつきながら位置を変える。
扱いも小さいので、まぁ〜こんなもんでしょうか?!
失恋愛情のない写真です。

DSC01356.JPG

捨てるのも勿体ないと
母が調理する。
まな板や包丁が魚専用で無いので
長い間、四苦八苦しながらさばく。
『死体を解体しているような』と
シュールな呟き。どんっ(衝撃)恐いーーーー。顔(え〜ん)

DSC01361.JPG

で、今日の昼食はぴかぴか(新しい)穴子丼ぴかぴか(新しい)exclamation×2
形が変わると大丈夫Good
醤油の香ばしい味と
プリプリした肉厚の身は
適度に脂が乗って
とっても旨い。ClapClapClap

DSC01358.JPG

これから旬の『でんすけ穴子』
機会があれば、穴子丼、天ぷら、釜飯などで
ぜひお召し上がりくださいませ。顔(ペロッ)

ニックネーム きなこ at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする